うそでしょ!?食物繊維のとり過ぎは間違い!?便秘と深い関係があった!

うそでしょ!?食物繊維のとり過ぎは間違い!?便秘と深い関係があった!

便秘のタイプによって食物繊維の取り方が違う!?便秘の種類を知ってみよう!

 

 

便秘解消には「食物繊維が良い」って聞いてから、野菜中心の食生活に変えたのに・・・

 

「おかしいなぁ~便秘が治らない」
と思ったことはありませんか??

 

 

どうやら、食物繊維と便秘には深い関係があるようです。

 

 

 

 

 

水分と食物繊維が、食事の大きなポイント!!
便秘を解消するには、繊維質を取り、その繊維を膨張させる水分が大きな鍵を握っています。

 

 

便の排泄を促すには、便の「かさ」が必要になります。
ただ食門繊維を食べれば良いのではなく、食物繊維を膨らませることで、
大腸の粘膜を刺激し、ぜん動運動を促して便をだしやすくなります。

 

 

便のかさを増してあげましょう。

 

 

⇒便秘におすすめの健康食品

食物繊維にも2種類ある!?効果的な食物繊維のとり方とは??

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。

 

 

便秘の人は、
不溶性食物繊維2:水溶性食物繊維1
の割合で取ると良いでしょう。

 

 

水溶性食物繊維
⇒水に溶けてゼリー状に膨らむので、腸管への刺激が少ないのが特徴です。
 食品の種類は・・・わかめ・もずくなどの海藻類
         バナナ・りんご・みかん・キウイ・プルーンなどの果物類  
         その他、にんにく・アボカド・ごぼう・にんじん・

 

 

 

 

不溶性食物繊維
⇒水に溶けない性質の食物繊維。腸を刺激して排便を促してくれます。
食品の種類は・・・大根・たけのこ・レンコン・かぼちゃなどの根菜類
         ブロッコリー・ほうれん草・きゃべつなどの葉物野菜
         大豆・豆乳・豆腐・いんげんなどの豆類
         じゃがいも・さつまいもなどのいも類
         しいたけ・きくらげ・しめじなどのきのこ類
         ライ麦・玄米・とうもろこしなどの穀類

 

 

 

便秘には種類がある!?
 

 

慢性化しやすい便秘のタイプには大きく分けると3種類あります。

 

 

➀弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)
⇒腸の働きが弱くなっているタイプの便秘で、もっとも多いタイプと言われています。
高齢者の方や痩せている女性、また運動不足などが原因となって腹筋の力が弱まり、腸の動きが弱くなっている状態。
この便秘のタイプは、お腹が貼って苦しいとゆうのが特徴です。
改善するには、食事の内容を変えたり、運動をすることで便秘の症状の緩和が期待できると言われています。

 

 

②けいれん性便秘
⇒腸が過敏な状態になっているタイプの便秘で、腸がけいれんして、腸のくびれたところに便やガスが溜まりやすくなるのが特徴です。
便秘と下痢を繰り返す過敏性腸症候群のひとつと言われています。便は細くて短いのが特徴です。
主に、ストレスなどの精神的な部分からの原因で、腸が上手く働かない状態。

 

 

③直腸性便秘
⇒最近増加している便秘の一つに、脳に便意のシグナルが伝わらないタイプの便秘があります。
直腸に便が溜まっているのに「排便」のサインが脳に送られないのです。
トイレに行きたいのに便意を我慢してしまったり、浣腸を頻繁に使ってしまうなど、
便のシグナルを無視して来てしまったことが原因だと考えられています。

 

 

 

あなたはどのタイプの便秘が近いですか??